第1回フォトブック展「MEKURU-めくる-」公式サイトオープン

更新日:2018年4月19日

最終更新: 7時間前


2018年7月20日(金)〜22日(日)の三日間、東京・千代田区にあるアートスペース千代田3331に、フォトブックのトップメーカーが選出した優秀作品が集まる、フォトブック展「MEKURU-めくる-」を初開催します。


写真を「撮る」ことは簡単になった。

「残す」ことはどうだろう?


スマホの中に埋もれていくだけの日常写真。

知らぬ間にクラウドに保存されている見返されることのない大量の写真。

行き場のない高機能カメラで撮った写真データ。


写真を「撮る」ことが先行している世の中で、あるサービスが今注目を集めています。スマートフォンやデジカメの写真を使って1冊の本、写真集にすることができる「フォトブック」。

2017年では120億円以上※と言われているフォトブック市場。

その数は年々伸び続けています。


※出典:日本フォトイメージング協会/2017年フォトブック市場予測



写真をキレイに撮る、上手に撮ることがクローズアップされ続ける世の中で、撮った後の写真の楽しみ方への発信は必須です。

当たり前のようにアルバムを開く時代を、家族で写真を見返す時間を、もう一度フォトブックで新たに創造したい。

1枚写真では表現できない、ページで綴る写真の楽しみ方をフォトブックを通して知っていただき、「写真」そのものの大切さ、見返す喜びを再発見してもらえる展示イベントです。